生命保険見直しメリット top > 保険会社で見直す

保険会社の担当者に相談

加入している生命保険を見直す場合に主に3つの方法があります。1つは保険会社の担当者と会い見直してみるというものです。 勧誘してもらった外交員ももちろん保険については詳しいですが、新規加入した保険が解約されるということなのであまりかけ直しを進めたがりません。 そこで保険会社の担当者と話をすればスムーズに保険の点検をしてくれることがあります。ただし注意しなければいけないデメリットがあります。 保険会社で見直しをすると同じ会社が取り扱う商品しか勧めてくれませんので、商品を選ぶ選択肢がかなり少なくなってしまいます。 また中には予定利率の高い保険商品を解約させて利率の低い商品に加入させ直す「保険の転換」を強引に勧めてくる会社もあり、 担当者の人柄や知識の多さで勧めるままに見直しを進めてしまうととんどもない保険に加入させられることがあります。 ポイントは保険会社のみで見直しをするのではなく、無料相談や代理店も利用してさまざまな情報を入手することです。

転換商法に注意

一時期マスコミなどでも話題になっていましたが保険の転換は今まで払ってきた保険料を利用して新しい保険に入り直すというものです。 同じ保障額内で別の主契約に変更する変換とは異なり、転換では貯蓄していた解約返戻金が掛け捨て部分に使われたりするので、 鵜呑みにして話を進めてしまうと満期になった時にほとんど給付金がもらえないということにもなります。 転換によって保障を手厚くする必要があるのか、利率がどれくらい下がるのか、満期の場合はどのようになるのか、について注意しながら 保険会社の人とは見直しを進めていく必要があります。担当者の印象だけで決めるのはメリットはほとんどありません。