生命保険見直しメリット top > メリット3組み合わせ

保険会社は同じところがいい?

生命保険に加入しているともしもの時にしっかりとした保障を受けることができますが、毎月保険料を支払っていく必要があるのできるだけ負担を減らしたいと考える方が大半です。 保険は毎年のように次々に新しい商品が登場していますので定期的に見直しすることが大切ですが、保険料だけに注目して商品を選ぶのはデメリットもあります。 どの保険に加入しようか考える際にネットから情報を得たり保険比較サイトでも行うことができますが、同じ保険会社ですべての保険をカバーしようとすると無理が出てしまいます。 そこで無料相談を利用する際に気をつけておきたいのは、保険会社の組み合わせ方などもしっかり提案してもらうということです。 保障内容がさらに優れたものが見つかる場合もありますし、良いとこどりをして保障を充実させることが可能です。 医療保険はA会社、学資保険はB会社のように組み合わせなども考慮してプランを設計してもらうことも相談のメリットの1つです。

会社の格付け「ソルベンシーマージン比率」

保険会社の経営状態を示す指標の1つとして、ソルベンシーマージン比率などがありますがAAAトリプルエーを最上位としてさまざまな基準で格付けされます。 もちろんAAAやAAなど経営状態が優れている保険会社が望ましいですが、まず優先したいのは保険商品の費用体効果です。 そして万が一の保険会社が倒産した場合のリスクなどを考えると、できれば保険の種類によって会社は変えておきたいところです。 おすすめなのは1つはネット生保やダイレクト保険など、そしてもう1つは大手生命保険会社にしておくことです。 新しく出てきたタイプは数年経つと商品の問題が浮き出てくる危険性もあるので、しくみなども組み合わせに踏まえて選ぶようにしましょう。