生命保険見直しメリット top > 住宅を購入した時

ローンを組んだ時が大切

住宅を購入する場合、現金で一括払いでなければ銀行でローンを組むことになります。住宅ローン会社は生命保険会社と提携しており、借り入れ契約と一緒に団体信用生命保険、通称団信に加入することになるのが普通です。 団信とは契約主が契約途中で死亡・高度障害になった場合に、生命保険会社が返済を肩代わりするというものです。 そうなるとこれまで加入していた生命保険と保障内容がかぶってはいないか、実際に必要な金額はいくらなのか、生命保険内容の見直しの良いタイミングです。 団信により住居費がゼロになるのであれば、生涯支出分よりその分を引いた保障額で問題無くなり、保険金を抑えた保険にするならば月々の保険料もお安くなり浮いた分を繰り上げ返済に回したり貯蓄や運用などに回すことができます。 また、団信でカバーできない病気や怪我などで長期間就労不能状態になってしまったときのための保険に加入することもメリットの1つです。 住宅の購入は一生に一度の大きな買い物です。保険も長期間払い続けることを考えると、同じく大きな買い物ですが、こちらはライフプランの変更によって見直しができます。無駄のないよう、タイミングよく見直しをすべきです。

フラットで借りる際は加入が絶対条件

住宅ローンで有名はフラット35は団体信用保険に加入することが契約条件になっています。 そのためフラットを利用する方は住宅メーカーの営業マンとよく話をして、団信との契約についてもどのように話が進んでいるのか確認するようにしましょう。 住宅ローンの審査は支払い能力を始め団信に加入できるかということも大切になるので、ローン返済契約者の職業や持病などについても尋ねられます。 審査が通らない人のために手数料などを取って別口の貸付を作ってくれるところもありますが、 団信に加入できないところもあるので万が一の場合は生命保険の死亡保障などから住宅ローンを払うことになるので、必要保障額を下げることができないなどのデメリットもあります。