生命保険見直しメリット top > 妊娠、出産した時

子供ができる変わる必要保障額

結婚後に生命保険に加入する人は数多くいます。というのは万が一のことがあったときに家族への保障が必要となるからです。 特に結婚をしたときは守るべき存在ができるのでほとんどの人が保険に加入します。 ところが保険はずっと同じものに加入し続けるのではなく、いくつかのタイミングで見直しが必要になります。 特に生命保険はライフスタイルによって見直すことが必要で、人生の2番目の見直すタイミングとして妊娠、出産した時が挙げられます。 出産をするということは子供ができて、生活費に加えて教育費がかかってきます。 十分な教育を受けさせてあげたいと思う親はたくさんいますが、そのために学資保険などへ加入するとメリットが多いです。 また結婚や出産を機に世帯主の生命保険を見直し、死亡保障を増やすケースが多いです。 事故やケガによって収入が得られなくなった時でも、死亡保障があれば家族へ経済的な負担をかけることがありません。 そのお金で生活費を賄うことができるので安心できます。自分の命を守るための保険でもありますが最終的には家族を守るためが目的です。 出産を機に保険を見直すことはとても大切なことなのです。

母親の母体を守る医療保険

出産後に気をつけたいのが帝王切開で出産すると一定期間は医療保険に加入できないという点です。 正確に言えば加入することはできるのですが、帝王切開や妊娠障害などに至った場合でも保障されないという制限が加えられます。 これは専門的に言うと特定部位の不担保と呼ばれるものなのですが、日常生活の事故などでケガしたり女性特有の病気になった場合でも保障されます。 しかしながら妊娠に関する疾病で入院、手術することになっても医療保険として保障されないということになっています。 妊娠や出産は母体に与える影響も大きいことからリスクを考えて保険会社は加入に制限を設けているところが一般的です。 中には妊婦さんでも加入できる生命保険などもあるので、無料相談などを利用してプロからアドバイスを受けるのがオススメです。