生命保険見直しメリット top > 生命保険を見直しとは

加入している保険を点検

とりあえず病気や事故など万が一のことが心配ということで生命保険に入っている方も多いと思います。 そしてなんとなく払い続けて数年も経っているなんてこともよくあります。 生命保険は頻繁に新しい契約内容のものが出てきていますので、確かに数年たてば見直した方がいいのかな?と思う方もいるでしょう。 その前に生命保険をいつ見直しするべきなのかのポイントをおさえておきましょう。 まず、20代から30代、30代から40代、などと年齢の大枠が変わった時、そして、結婚や出産など家族構成が変わった時や職業や労働環境が変わった時です。 そして見直す時に注意したいのは相談する相手です。 もしも運用利率の高い「お宝保険」と呼ばれる契約をしていたら特に注意しなければいけません。 すでに契約している保険会社の担当者に見直しを頼んで、プラン変更や保険の下取りなどを提案された時はその場で契約せずにいったん持ち帰りましょう。下手をするとお宝保険が解約になってしまうこともあるからです。(担当者が保険会社からの支払いが少なくなる方向へもっていくということ) 保険会社の担当者には相談というより契約内容について改めて問い合わせて、自分自身で保険の内容をしっかり理解しなおすことを重点におきましょう。また保険商品を比較したい時には保険相談店へ行くとさまざまなメリットがあります。

プロの相談サービスを利用

保険会社へ行くとお宝保険を解約させられて保険の転換を勧められる危険性もあるのであまりお勧めできません。 最も有効な相談相手として考えられるのが保険の見直しサービスを無料で提供している会社です。 資産運用や家計のプロであるファイナンシャルプランナーがお客さんが加入している生命保険を点検してくれます。 年代が変わるごとに見直しのタイミングが訪れますが、できれば近くの無料相談サービスで信頼できる担当者を見つけておき 5〜10年に1回の割合で定期的に保険のチェックを行うようにすれば大きく間違えることはありません。