生命保険見直しメリット top > 生命保険とは

保険はなぜ必要なのか?

日々生活している上で、天災や人災などのさまざまなリスクが潜んでいます。 もしこのようなリスクと直面してしまった時に対応できるように対策をとっておけば安心です。 対策のひとつとされている生命保険は、医療、長寿、死亡などによる経済的負担に備えるものです。 たとえば事故などにあうと働くことが困難になるケースが多く、治療費や生活費など経済的に非常に苦しくなってしまうところを加入者同士が支え合い、 公平に保険料を負担し合うことによって万が一の事態が起こっても給付金を受けることができるシステムです。 つまり生命保険は助け合いというしくみで成り立っているのです。 生命保険に加入すると保険料を保険会社に払い込みをしますが、料金の計算は年間の予定死亡率、予定利率、予定事業費率で決まります。 予定の死亡率が少ない場合や、予定より多くの利益を保険会社が得た場合は調整し契約者への配当金とします。 ただし配当金を得られるのは有配当保険といわれるプランに加入している人のみで、前もって支払っている保険料は配当のない契約者よりも割高となっています。 長く払い続けても健康であれば受け取れる配当金は少額となり、また返ってこない掛け捨てという場合もありますが、将来何が起こるかわからない日々を生きる上での安心を保険として購入しているとも言えます。

貯蓄との大きな違い

人生のリスクに備える手段としてよく比較されるのが貯蓄です。保険会社は保険料の中からすべてを保障に回しているわけではなく、 会社の運営や事業費などとして一定の費用を徴収しています。そこから保険会社の社員給料や広告費などが支出されています。 これらが予定事業費率となりますが、保険はこのコストがあるので少し損をするのではと考える人もいるようです。 貯蓄は銀行や郵便局に預けたすべての金額を保障に回すことができますが、ところが積み立てを始めたころは少しの保障か受けられないので 若いうちに万が一のリスクが発生すると人生を安心して過ごすことができなくなります。加入してすぐ大きな保障が得られるのが保険のメリットです。